水道修理のお役立ち情報

心得

水道メンテナンスの心得

水道の蛇口や水道関連の部品などの水漏れは、目視で発見しやすくパッキンの交換など比較的簡単な修理対応で素人でも修理可能ですが、極めてまれに見えない場所からの漏水などがあります。宅内で原因がわからなく床が濡れていたりポタポタ音がしていたり、いつも湿気ている場所などがあれば要注意で気をつけていましょう。
たとえばですが、極寒地域で冬期に暖房などによる結露なども考えられますので漏水と判断しにくい場合もあります。
水道を使用していない時に量水計メーターのパイロット針がクルクル回っていないか確認しましょう。
パイロット針が回っていれば、宅地内のどこからか給水管や給水用具から漏水していると判断できます。
水回りの製品では、年数が経ち経年劣化による老朽化が原因の場合もあり、場所も、地中だったり壁の中だったり、見えない場所での漏水も考えられます。
寒冷地域など寒いところも特有の原因があったりします。そんなときは、プロの業者に見てもらいましょう。
水漏れ箇所が目視で確認できてメーカーもわかれば、修理料金がいくら必要か見積もりしてもらいましょう。
その時に慌てず出来れば数社から相見積もりとるようにしてください。
以前から付き合いがあったり知り合いからの紹介など、安心して任せられる業者なら良いのですが、相手の会社のことも知らないうちに修理や工事を依頼してしまうと、修理完了後、とんでもない費用を請求されるという話も聞いたことがありますので作業前に修理費を確認してから修理してもらいましょう。

水回りでお風呂、キッチン、洗面、トイレなどは、毎日使うところでもあり、補修が必要になることが多いです。
補修の機会に、いっそのこと丸ごと水回りのリフォームしようとお考えになる方もわずかではありますがいると思います。
リフォームは高額な出費になります。そんな時にも、相見積もりによる見積もり比較が必要になります。
相見積もりということを相手業者に伝えれいると無駄に高額な金額での見積もりは出してこないと思いますので費用を抑えることにもつながります。
宅地内の上水道設備から漏水してからでは、比較検討する時間がありません。
リフォームしようかなと思ったら見積もりを取るだけとりましょう。
工事費用がわかっていれば、今すぐ契約しなくても、費用を貯めてからでもいいと思います。
安い金額ではありませんし何回もリフォームできないので、よく検討してからリフォームしてもらいましょう。




協力会社(主要拠点)
札幌市 大津市 神戸市
京都市 奈良市
大阪市 守谷市 川崎市
さいたま市 東京都江東区
西東京 千葉市
当社と業務契約している協力会社の拠点です。出張水道修理にお伺いする際は、当社の社員又は、協力会社の修理担当者がお伺いすることになります。