蛇口のハンドルやレバーの動きが悪い

動きが悪い

蛇口のハンドルやレバーの動きが悪い(硬い)症状

ハンドル式の蛇口が回しにくい場合は、
ハンドル下のグランド部(ナット)をゆるめて調整します。
ゆるめ過ぎると水漏れを起こしますので水漏れがおきない程度にゆるめて調整します。
古くなってゴム(防水パッキン)の弾力性がなくなってきたり、
部品が磨り減ってきている場合など水漏れたり調整がうまくいかない場合には、スピンドル(回転するハンドルの軸にあたる部品)や内部パッキンを交換を行います。また、スピンドルを外す時にスムーズに回して外せない時(ガタツキ)には、内部でクラックをおこしていたりバリを起こしていたりすることもあります。この場合、応急では部品交換で治りますが蛇口一式そ交換をする方がよいでしょう。
別の要因として、水垢などが付いてきつくなる場合もあります。
この場合、歯ブラシなどでクリーニングしてみてください。
シングルレバー式やサーモスタット水栓の場合は、レバー奥などに水垢や汚れがたまると動きが悪くなる場合もあります。
比較的簡単にレバーが外せる場合には、レバーを外してクリーニングすると動きが良くなることもあります。
水栓内部の動きが悪い場合には、分解する必要がありますので水道業者に修理のご相談をするとよいでしょう。




協力会社(主要拠点)
札幌市 大津市 神戸市
京都市 奈良市
大阪市 守谷市 川崎市
さいたま市 東京都江東区
西東京 千葉市
当社と業務契約している協力会社の拠点です。出張水道修理にお伺いする際は、当社の社員又は、協力会社の修理担当者がお伺いすることになります。



お役立ち情報