キッチン排水の詰まりの原因

原因

キッチン排水の詰まりの原因

キッチン排水の詰まりトラブルは、排水の流れが悪くなること。そして、料理や洗い物で使う生活排水が詰まってしまうことが主な現象となります。キッチンという箇所の特性上、油分類を含んだ水や食べカスを含んだ洗剤などが排水管へと流れます。キッチンの排水管では、主に油分類や食べカスが排水管にこびりつき管の内部を狭くしてしまいます。この状態ですでに排水の流れが徐々に悪くなっているのですが、状態が進んでいき、こびりついている付着物が流れてきた油分や食べカスをくっつけて、ますます管を狭くしまうという悪循環を繰り返します。人間の血管を想像してもらえれば少しわかってもらえるかもしれません。人間の血管も不純物が血管の壁に着き、血流を悪くしますがそれと原理は同じと言えます。また、キッチンは、ほぼ毎日使用するので、汚れは、日々少しずつ蓄積していくのでなかなか症状が悪化していっていることに気がつきません。
予兆としましては、シンクから排水を流した時にゴボゴボと音が出ることがあります。この状態ですと、排水の流れが悪くなっている可能性が極めて高いと言えます。早急にラバーカップや市販されている洗浄剤で詰まり抜きの対処をして、完全に詰まる前に対処しましょう。また、市販のパイプクリーナーを排水溝に流し込んで一定時間おき、バケツ一杯の人肌湯で排水管に流すという方法もオススメです。
現実的に下記地域内で平成26年度1~3月期に電話相談がありました際に、上記をご紹介致しました。
大阪市池田市泉大津市泉佐野市和泉市茨木市交野市門真市四条畷市吹田市摂津市大東市高槻市豊中市寝屋川市羽曳野市東大阪市枚方市箕面市守口市八尾市
その結果、比較的症状が軽い場合に極めて高い改善が見られました。
従って、この方法でかなり詰まりの症状は改善することでしょう。
それでもダメな場合は、ワイヤーを使って硬化したグリースや汚れを取り除いたり、高圧洗浄を行ったりといった方法に移行していきます。これらは、水まわりに詳しくない方が行うと排水管を傷つけてしまう可能性がありますから、最寄りの水道業者に依頼した方が良いでしょう。
排水が流れにくくなったり詰まったりした場合は、以上のような対処をすることになりますが、日々、排水管を詰まらせないように心がけることも大切です。たとえば、フライパンなどについた油分は、キッチンペーパーなどでふき取ってから洗う。お皿についた食べカスは、ゴミ受けで取り去ってから洗うことなどを日頃から実践するとよいdしょう。また、洗い物が終わった後に、洗い桶1杯の水を流すのが排水の詰まりを抑止するのに効果がかなりあります。



協力会社(主要拠点)
札幌市 大津市 神戸市
京都市 奈良市
大阪市 守谷市 川崎市
さいたま市 東京都江東区
西東京 千葉市
当社と業務契約している協力会社の拠点です。出張水道修理にお伺いする際は、当社の社員又は、協力会社の修理担当者がお伺いすることになります。



お役立ち情報